読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

ヴィンテージ・デニム色のインク

ブルーブラック系のインクは、すでにいくつも持っていますが、 どれも微妙に色合いが違うので、手持ちにない色のインクを見ると つい、欲しくなってしまいます。

今回は、深いインディゴ・ブルーをした色のインク、 Vintage Denim(ヴィンテージ・デニム)をご紹介します。

20140324_03m

ヴィンテージ・デニムは、WRITING LAB.のオリジナルインクです。

WRITING LAB.(ライティングラボ)とは、神戸のPen and message.さんと 山科にあるインディアンジュエリーのお店、River Mailさんとの コラボレーション・ブランド。

昨年、Pen and message.さんで買い求めたものですが、どの万年筆に入れて使おうかなあ、と決められないまま年を越してしまい、前回記事に書いた、カヴェコのAL Sportに入れて、使うことにしたのでした。

スタイリッシュなデザインで手軽に扱えるカヴェコの万年筆に、デニム色のインクというのも、カジュアルでいいんじゃないかな、なんて。

20161227100810

早速、ほぼ日手帳の使っていないページに試し書き。

中字でインクフローもいいせいか、(もしくは、使い始めだからか)黒っぽい字に見えますけど、光の加減によっては、深い藍色に見えます。

20161227100809

こちらは、ニーモシネに書いてみたもの。

ニーモシネは、割と、インク本来の色味が出る紙なんじゃないかな、と思っているんですが、ニーモシネだと良い具合に、デニム色の濃淡が出てくれました。

少しだけ下に見えている字は、中屋に入れたプラチナのブルーブラックです。

ヴィンテージ・デニムも、同じブルーブラック系インクですが、インクの濃い部分は、両者とも、黒っぽい紺色で似てるのに、インクの薄い部分は、色味(彩度)が明るくなることもなく、藍色のままというのが、このインクの特徴かなと思います。

こういうブルーブラック系って、なかなか無い気がするんですよね。まさに、インディゴで染められたジーンズの色です。

カヴェコは割と太い字幅だったので、Premium C.D. NOTEBOOK、いわゆる「紳士なノート」に書くのに便利そう、ということで書いてみました。

20161227100015

手持ちのノートの中でも、横罫の幅が広めな「紳士なノート」には、このくらいのMニブが、ちょうど書きやすかったです。

ちなみに、左のページは、デルタ・ナポリに入れた モンブランのロイヤルブルーで書いたものです。

20161227100808

カメラを引くと、このような感じに。

ヴィンテージ・デニムインクは、濃淡が出ても、トーンは藍色のままなので、いっぱいに字を詰め込んで書いても、落ち着いた色味のページになりました。クリーム紙にも合うインクの色ですね。

万年筆で、さまざまな青や藍色を楽しむ。

そんな春になりそうです。