読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

英国展でお買い物

前回に引き続き、梅田・阪急百貨店の英国フェア2009<の記事にお付き合い下さい♪

会場のティールームで、クリームティーを頂いたあと、ちょっとだけですが、英国フェアで、お買い物もしてきました。

DSC07726

まず、一番手前の紅茶は、スコーンを頂いたティールーム・ファラーズの紅茶です。

お店で出されていた紅茶だということで、とても美味しかったので、買ってきました。

家でも、濃厚なミルクティーにして、飲みたいです。

そして、この他には・・・

DSC07728

ミセス・ブリッジスのジャムです。 これは、ラズベリー・レッドカラント。

他にも、いっぱい、種類があったんですが、去年は、4つのベリーが入った、Four Berry Preserveを買ったので、今年は、違うものがいいかなと思って。

着色料や保存料を一切使っていない、自然な美味しさのジャムということです。

イギリスのジャムが大好きなので、食べるのが楽しみ♪

DSC07731

そして、こちらは、上品な紫が印象的な、ティー・パレスの紅茶です。

ティー・パレスは、ロンドンにある、高級紅茶店。

以前は、ロンドンの西部、ハイドパークの北西にティールームがあって、いつか、その、おしゃれな店でお茶してみたいと思っていたのですが、会場の担当の方に聞いたところによると、昨年、そのティールームが無くなって、今は、コヴェント・ガーデンのショップで、茶葉を買うことが出来るんだとか。

サイトを見てみると、ノッティンガム・ヒルのティールームは4年間続いたそうで、また、すぐに、どこかでお会いしたいです、となっていたので、新しいティールームも、そのうち、出来るのかも?

それで、実は、昨年も、こちらの茶葉を買い求めたのですが昨年は、天然のベルガモットで香り付けしたという、パレス・アールグレイを。

飲みきってしまうのが、もったいないくらい、上品な香りの、とても美味しいアールグレイだったので、今回も買おうかな?と思いつつ、新しい味にチャレンジするのも大事、と思い、今回は、Afternoon At The Placeにしてみました。

名前も、おしゃれですよね♪ これは、キーマンとシングル・エステイト・ダージリンのブレンド。

アールグレイの次に、好きな紅茶が、キーマンなので、いろいろ悩んだ末に、これを選んでみました。

・・・

ところで、今回、初出店の、スリー・ウェイズ・ホテル。

プディング・クラブというので、有名なんですが、今回はホテルからシェフがやってきて、プディングを作っているとか。

そのスリー・ウェイズ・ホテル、実は、数年前に、イギリス旅行で行く予定の場所でした。

宿泊ではなくて、近くのガーデンに行く途中に立ち寄って、ランチでも・・・と思っていたんです。 それで、場所まで、グーグル・マップで、ちゃんと調べて。 (コッツウォルズのここにあります。+を押すと、もっと詳細が)

しかし、実際は、旅行出発前夜に、私の体調が、急に悪くなって、旅行自体が、当日朝に、急遽キャンセルということに・・・(><)

無念の、計画倒れに終わってしまいました。 このときは、母と、コッツウォルズだけを、ゆっくり回る計画を立てていたんですが。

完全フリー旅行だったので、私が行けなくなると、同行の母だけ一人で行くわけにもいかず、結局、旅行を楽しみにしていた母には、当日、関西空港で、旅行キャンセルを伝えるという、大変申し訳ないことをしてしまいました・・・。 (私の体調も、その後、半年ほど、完全ではなかったのですが)

そんな、いわくのあるホテル(?)だったので、今回、英国フェアの告知を見たとき、あっ、あのスリー・ウェイズ・ホテルだ!と すぐに思いだして((^^; (今も、まだ、ブックマーク残してありますもん)

日本語のサイトもあるので、一度、御覧下さい。 カントリーサイドの、とてもステキなホテルなんですよ。 こちらです。

しかも、このホテルの特徴である、「プディング」にまつわるお部屋と言ったら・・・!

「ジンジャー・ルーム」とか「チョコレート・ルーム」とか、「スティッキー・トッフィ」とか「カスタード・ルーム」とか、お部屋の名前を見ているだけで、食べたくなりそうなんです(笑)

その、プディング・テーマ・ルームが、こちら

でも、どれも、豪華で、ステキなお部屋ばかりでしょう?

それで、数年前に、行けなかったリベンジ(?)は、いつか、絶対、果たしたいと。

そして、いつか、このホテルに泊まる日も、来ればいいなと、思っているんです。