読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

初めてのヴィンテージ万年筆

万年筆

20100429_01

私にとって、初めてのヴィンテージ万年筆が手元に届きました。 モンブラン#22のボルドーです。

先月の東京旅行の折、丸善・丸の内本店で開催されていたヴィンテージ筆記具フェアで、ユーロボックスの藤井さんに、ヴィンテージ万年筆をいろいろ試筆させて頂いたことは、こちらの記事に書きましたが。 その際に、一番気に入った書き味のものを買い求めたのでした。 ただ、まだメンテナンス前の状態だったので、お届けは4月中旬になります、とのこと。 そして、待つこと1ケ月と少し。先日、やっと、この万年筆が東京から届きました。 ヴィンテージ万年筆を手にするのも、初めてなら、たぶん、自分より「年上」の万年筆も、実は、これが初めてでした。

DSC08948

22は、1960年代に生産されたもので、ウィングニブになります。

趣味の文具箱 15 』のヴィンテージ入門の記事によると、このウィングニブは、「60年代2桁シリーズの特徴」とか。 実は、以前から少し、ウィングニブに興味があったんです。 というのも、いつも、ステキな文具の写真を撮ってらっしゃるカメラマンの北郷さんが、ユーロボックスで買われたという、モンブラン#221を『趣味の文具箱 14 』で見て、ニブの形(これもウィングニブ?)や、バーガンディ軸の綺麗な色、すっきりとした全体のフォルムもいいなあ、と思っていたんです。 そして、次の号、『趣味の文具箱 15』のヴィンテージ・ペン入門で紹介されていた、ヴィンテージ・モンブランの画像をうっとり眺めながら、やっぱり、ウィングニブって可愛くていいなあ・・・と、さらに憧れがつのり。 (この、ちょこっとだけ見えているニブが可愛くないですか?)

そこで、先日のヴィンテージ文具フェアでは、藤井さんに、ヴィンテージ・モンブランを中心に、ヴィンテージ万年筆初心者向けのものを何本も見せていただいたのですが、この#22が、軸の色も可愛いし、憧れのウィングニブだし、なんと言っても、ふわっとした真綿のような書き味が、それまでに経験したことがないものだったんです。

前述のヴィンテージ入門の記事にも、「しなるウィングニブ」という言葉が書かれていましたが、試筆の際、藤井さんに、力を入れて書いても大丈夫ですよ、と言われて恐る恐る、ペン先に力を入れてみても、(普段、万年筆で書くときには、いかに力を抜くかに気を使っているのに~)こんなに小さなニブなのに、ぐっと、その力を全体に受け止めてくれて、ペン先が柔らかく、しなるだけで、先が割れることもなくて。

ウィングニブは、外から見えるニブの部分は僅かですが、そのほとんどの部分が、フードの中に埋まっていて、ニブの大半を、フードがすっぽり覆うことで、左右からも、しっかりと、ニブをガードしてくれているというか。 それが、現行にはない、柔らかな書き味を作りだすのかなあ、とも。

逆に、これだけ、ふわふわした柔らかな書き味だと、万年筆を握る手からも自然と力が抜けていくそうです。確かに、まるで雲の上を歩いているような感触の書き味でしたから。

DSC08951

手持ちのモンブラン#145ボルドーと並べてみました。(右が#22、左が#145です)

22のほうが2cmほど短いでしょうか。

軸の両先端が、#145は丸みを帯びていて、#22は天冠部分も含め、すぱっと切った形になっているせいもあるかも?

145は、カートリッジ・コンバーター両用式ですが、#22は、ペリカン・スーベレーンなどと同じ、吸入式です。

(尻軸に金環のある#145のほうが、吸入式っぽいですが、これは飾り。#22は、インク吸入のために、くるくると回せる部分が大きな写真では、うっすらと、線が見えています)

実はスーベレーンM400も、まだ、自分では一度も吸入したことがなく、この#22で、初めてインク吸入を体験することになり、ドキドキだったのでした。(一応、藤井さんに、インクの吸入方法は教わっていたのですが、なにぶん、1ケ月も前のことだったので・・・)

あと、キャップ部分が、#145はネジ式ですが、#22は勘合式。カチッ、と音を立てて閉まります。 手持ちの万年筆は、LAMYサファリとペリカーノJr.以外は全部、ネジ式なんですが、この、クルクルとキャップを回して外す動作が、これから書くぞ、という気合いれのようなものにも思えるので、結構好きだったりします。 でも、勘合式だと、キャップの開け閉めのとき、軸に傷がつかないか、ちょっと心配だったり。(LAMYサファリだと、そんな心配も無用ですが)

さすが、60年代の万年筆ということで、丸善で試筆させて頂いたときには、まだメンテ前だったので、キャップでこすれたのか、はっきりした跡が軸にあったり、フード部分にも、かなり、細かいこすれ傷が入っていたんですよね。 それは、もちろん、長く愛用されてきた万年筆の証でもあるわけですが。

なので、この万年筆が、メンテナンス後、手元に来て、パッケージを開けたときは、すっかり、その傷も消えて、綺麗になっていたのを見て、驚いたのでした。(藤井さん、ありがとうございます~!)

さすがに、インクビューには、小さなかすれ傷などがありますが、それも全然、気にならないくらいです。 でも、たとえ、どれだけ傷があっても、この書き味には惚れ込んでいたのですが。

DSC08950

天冠部分です。どちらも、可愛いホワイトスターです。

これから、私と一緒に、年を取っていけそうな万年筆。 むしろ、「人生の先輩」と呼ばせていただいたほうがいいかも知れません。 これまで40年以上の間、この万年筆が、どんな言葉、どんな文章を書き止めてきたんだろうなあ、としばし、思いを馳せてみると、ノスタルジックな、甘酸っぱいような気持ちが、じんわり、胸に込み上げてきたりして。 ヴィンテージ万年筆って、現行品には無い書き味を味わえるのはもとより、そういった、誰かの思い出も含めて、自分が受け取っていくことなのかな、と思いました。 これまでの持ち主の方と同じくらい、長く、私も使い続けていければと思います。これから、よろしくね。