読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

トラベラーズノートのある風景・21

トラベラーズノート

トラベラーズノート・パスポートサイズを使うようになって気軽に、ノートを屋外に持ち出せるようになった気がします。

普通のノートやほかの手帳と同じはずなのに、アウトドアにも似合うというか、すっと、風景の中に違和感なく溶け込んでしまう存在というか。

20150427_36p

こんな風に、無造作に置いてみても、サボテンとうまく共存していけそうです。

元々が、気軽に手に携えて持ち出そうというコンセプトのノートだから、おおざっぱに扱っても大丈夫。そんな安心感がどこかにあるんですよね。

少々、表面の革に消えない傷がついているくらいが、ワイルドで好きです。

これは、旅した証みたいなものだから。

20150427_27m

20150427_37p

先月訪れた、高松築港そばの北浜Alleyが、錆びた古い倉庫をそのまま、カフェや雑貨ショップとして使っている、シャビーでジャンクな場所で。

そこには、私の大好きな風景がいっぱいありました。

さきほどのサボテンとのツーショットもそうですが、屋外のちょっとした場所に、マイ・トラベラーズノートを置いてみて写真を撮ってみたり。

20150427_31m

20150427_33m

こちらは、以前の記事にも書いた、北浜Alley内のカフェ、umieの一角。

こういった雑貨の並べ方、好きです。

ピカピカで新しいものより、ジャンクな風合いのもののほうが好きなので、そういう意味でも、革の端をざっくり切りっぱなしにしたトラベラーズノートの外観が好きなのかも知れません。

うまく言えないけれど、ここはトラベラーズノートと同じ空気感を持っている場所。

そんな気がしました。

20150427_26m

ひと気もない、港の昼下がり。

「書を捨てよ、町へ出よう」じゃないけれど、トラベラーズノートを手に、旅に出よう。

どんな小さな旅でも、日帰り旅でも、隣町へのお散歩旅でも、新しい風景を目にして、なにかひとつでも心に響くものがあれば、それは「旅」に違いはないから。

これからも、マイ・トラベラーズノートとともに、まだ見ぬ町や景色のなかへ、旅を続けていければとおもっています。