読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

そろそろ、手帳選びの悩ましい季節。

ほぼ日手帳 手帳・ノート

秋が近づくと、ステーショナリー好きの方たちの中で話題になるのは、俄然、来年はどの手帳を使うか、ということですよね。

文具売り場では、翌年の手帳の販売展開が年々、早まっている気もしますし。

TwitterでステーショナリーLOVEな方を多くフォローさせて頂いているため、まだ残暑も厳しい盛りから、TLは来年の手帳選びの話題でもちきりで。

そんな様子を微笑ましく(半ば羨ましく)感じながら、私はというと、今のところ、今年のラインナップと何も変える予定が無いため、一年でもこの時期限定の、手帳選びという楽しみ(ある意味、悩ましさ?)を一緒に味わえずに、ちょっと寂しかったり。

これも、ほぼ恒例となっていますが、私が今年使っている手帳のことなどをご紹介しますね。

愛用している手帳と新入りさんです

2014年の手帳

やっぱり、ほぼ日手帳

毎日の日記帖として使っているのは、ほぼ日手帳です。

おでかけした日には、行き先やショッピングのことなどを、特段変わったこともない日には、TVのことや、その日のニュースなど、気の向くままにいろいろ書いています。

基本、当日中に書くことはあまり無くて、数日後に思い出しながら書くことが多いでしょうか。

これは、過去のことを思い出す行為が、脳の働きを活性化させる、という報告をTVで見たから・・・というのもありますが、単に、夜はゆっくり手帳に向かう時間と場所が取れないせいです。(自分のデスクや自分の部屋はないので、いつもリビングで書いてます)

毎日というわけではないですが、いろいろ切ったり貼ったりする日は、時間とスペースが必要なんですよね。昔から、こういう切り貼り大好きなので、つい、力も入っちゃうんですけど。

その分、書き終わった頃には、テーブルの上が、いつのまにか筆記具やマステで散らかし放題になっていることも多々ありますが。

ムーンプランナーも仲間入り

そして、もう一冊は、この夏から始めた、ムーンプランナーです。

どのような手帳なのか、詳細はこちらの公式サイトを御覧ください。

MOON PLANNER(ムーンプランナー)

カレンダー通りの、ひと月単位のページ割りではなく、月齢、つまり、月の満ち欠けをひとまとまりにした新しい感覚の手帳です。 こちらは、体調管理用として主に使用しています。

古来から、女性の体内サイクルは月の満ち欠けと関係があるといいますし、微妙な体調変化も、従来のカレンダーではない括りで見ていくと、何か分かることがあるかと思いまして。

使用されている紙は、ぶ厚い上質紙なので、万年筆で書き込んでも滲んだり、裏写りする心配はありません。(私の手帳&ノート選びでは、これだいじ) 

【追記】製作時期によって、万年筆が裏写りする場合もあるとか。製作者さんも、紙質の改善に努力されているようです。

このように、自分の生活の記録を残す、いわゆるライフログとして手帳を活用しています。

一方、未来の予定、スケジューリングは、冷蔵庫に貼ってあるカレンダーやグーグルカレンダーにおまかせしています。

Moleskineはノート代わりに

同じ手帳を使っていても、使用目的が違うと、使い方も変わってきますよね。

ライフスタイルが違うと、手帳の使いこなし方や用途も違ってくるので、これは試行錯誤しつつ、自分でしっくりくるものを時間をかけて見つけていくしかないのかも知れません。(長い旅になるかもしれませんが・・・)

20140930_02

こちらは今年7月~来年末の18ケ月スケジュール帳、ピーナッツ・モレスキン。表紙が可愛くて、つい購入してしまいました。

今まで、真っ黒な表紙のモレスキンは何冊も持ってましたが、リミテッド・エディションは初めてです。

モレスキン

中身はこのように、左ページが週間カレンダーで、右ページは何でも書き込めるフリー罫線になっています。(これは、普通のモレスキンの18ケ月ダイアリーと同じです)

私はこれをスケジュール帳としてじゃなくて、ノート代わりに使っています。

表紙がハードタイプなので、長く使っていても丈夫そうだし、これから何年も使うことになりそうな勉強用ノートとして。

モレスキン

右ページには重要な項目を書き留めておいて、左ページの罫線内には、細かい注釈やメモなどを小さめの文字で。

普通のノートだと、左右のページの罫線が同じ幅なので、こういった使い方はできませんもんね。

モレスキンに万年筆で書き込む場合、個体差があって、滲んだり裏写りするものが多いのですが、手持ちのインクでは、モンブランのブルーブラック(廃盤)と、プラチナのブルーブラックだと滲まないので、どちらかで書くようにしています。

でも、表も裏も万年筆だと裏写りが気になるので、左ページの注釈部分はスタイルフィットで記入しています。

さいごに

もしかすると、年末まであと3ケ月もあるので、さらに新しい手帳が欲しくなって、衝動買いしてしまうことがあるかもしれませんが、とりあえず来年も、現状のまま(の予定)ということで。

でも、ちょっとは来年の手帳選びに、「幸せに」悩んでみたいかも?