読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

冬の中之島でラバーダックと再会

久々にラバーダックに会えるということで、中之島へ行ってきました。

現在、開催中の『中之島ウエスト冬ものがたり2014』のために、ラバーダックがほたるまちに来ているんです。

20141218_13p

ほたるまちの港に、大きなラバーダックがぷかぷか浮いてます。まずは対岸から、カメラでパチリ。

前回、ラバーダックに会いに行ったのは5年前の秋でした。

【過去記事】ラバー・ダック・プロジェクト

イベント自体は、夜景とのコラボなんですが、夜には行けそうにないので、まだ陽のある昼間に見に行ってみました。

この周辺は、朝日放送の新社屋があったり(上の写真では左端の建物)、川沿いに高層マンションが建っていたり、比較的、新しく開発されたエリアです。

20141218_08p

ラバーダックの奥に見えているのは、堂島リバーフォーラムという多目的ホール。

こちらのホールへは、今年の5月、B'zの松本さんのソロライブで初めて行きました。

5月のときのツイート。

その時点では、まさか、冬になって、ラバーダックがこの真ん前の川に浮かぶことになろうとは予想もしませんでしたが・・・。

では、橋を渡って、ラバーダックの近くに行ってみましょう。

20141218_04p

橋の上からもカメラでパチリ。

ラバーダックは水面に浮いているだけなので、風を受けて、そのときどきで、ゆったりと向きを変えるんですよね。 このときは、ちょうど正面を向いてくれてました。可愛いですね~。

20141218_03p

近くまで来てみると、本当に大きい!

5年前は、岸から少し離れたところに浮いていたので、ここまで近くでは見れなかったんですよね。

20141218_10p

夜のライトアップがメインイベントなので、そのための機材や、遊覧船の準備などで、周囲は少しごちゃごちゃしてますが。

こうして写真を撮っている間にも、この日は全国的に冷え込んでいて、真冬の嵐が吹き荒れた日だったので、川を渡る強い風にラバーダックもぷかぷか浮きながら、あっち向いたり、こっち向いたり。

それでも、寒風吹きすさぶ中、そばの移動式ワゴンで買ったネスカフェのコーヒーで、かじかむ手を温めつつ待っただけあって、傾きかける陽に向かうアヒルちゃんも撮れたので満足です。

もっと待って、夕陽に照らされるアヒルちゃんも撮りたかったけど、もう、これが限界です~。(寒すぎる)

ということで、あまりの寒さに耐え切れず、4時前には帰宅の途についてました。 大きなアヒルちゃんに久々に癒されて、写真もいっぱい撮りましたけどね!

世界中で活躍しているアヒルちゃん特集

ラバーダックはオランダのアーティスト、フロレンティン・ホフマンさんのアート作品です。

ホフマンさんの公式サイトで、世界各地のアヒルちゃん(ラバーダック・プロジェクト)の様子を見ることができますよ。

昨年、台湾の高雄市で開催されたラバーダック・プロジェクト Rubber Duck in Kaohsiung (TW) 2013の写真を見ると、日本では考えられないくらい、ものすごく多くの人が集まっていて、びっくり。

こちらのサイトでは他に、シドニーやピッツバーグ、北京など、世界各地の港でぷかぷか浮いているラバーダックの写真を見ることが出来ます。 私が見に行った2009年の大阪や、2012年に尾道に来たときの様子も紹介されていました。(上記ページの右サイドの地名をクリック)

昨年ピッツバーグに来ていたときには、TL上で見かけたので、私も呟いてました。

世界のどこにいっても、人々を癒してくれて、ハッピーな気持ちにさせてくれるアヒルちゃん。

20141218_05p

アヒルちゃん、また大阪にやってきてね!