読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

四つ葉のクローバー色のインク

20140324_05m

前回の記事で紹介したVintage Denimインクと一緒に Pen and message.さんで買い求めてきたインクがありました。

同じくWRITING LAB.のオリジナルインク、Quadrifoglioです。

「クワドリフォリオ」とはイタリア語で四つ葉のクローバーという意味なのだとか。その名の通り、クローバー色のインクなんです。

野原一面に広がるクローバー畑をイメージして頂くと、一番近いかも知れません。

20140324_04m

グリーン系のインクで、一番のお気に入りは、すでに廃盤になったモンブランのレーシング・グリーンだったのですが。

cocoaplus.hatenablog.com

今あるレーシンググリーンの瓶の中身を使い切ってしまったら、どうしたらいいんだろう?という不安からか、今までは、つい、レーシンググリーンの後継者を選ぶ、みたいな観点で、グリーン系インクを探してしまうようなところがあって。(ブルーブラック系は、全然、そんなことないんですけど・・・)

でも、そろそろ、レーシンググリーンにこだわる必要は無いのかも知れません。だって、他にも、グリーン系のステキなインクがあるのですから。

クワドリフォリオも、もちろん、その一つです。

20161227100016

クワドリフォリオ、レーシンググリーン、神戸インク物語の舞子グリーンで、ガラスペンを使ってニーモシネに試し書きしてみました。(まだ、クワドリフォリオは入れる万年筆が決まっていませんので)

写真では分かりにくいですが、クワドリフォリオと比べると、舞子グリーンはより抹茶に近く、レーシンググリーンは、より黒に近い感じでしょうか。

もともとモスグリーンが好きな色なので、インクでもそういう色を選びがちなんですが、クワドリフォリオも、他の2つとは微妙に色味が違うながらも、抑えた色調で、目に優しく、とても使いやすそうです。

若草色というほど明るめの色ではないけれど、子供の頃、クローバー畑の中に寝転んだら、草いきれとともに見上げると、そこにあった草の色。

このインクは、そういう懐かしい記憶を呼び起こしてくれる、そんな色でもありますね。

舞子グリーンは明石大橋を望む舞子の松林をイメージして作られたインク。レーシンググリーンは、その名の通りとするなら、競馬場の緑=芝の色でしょう。そして、クワドリフォリオはクローバーの色。

万年筆で字を書きながら、ふと、自然の緑に思いを馳せる。

これから迎える新緑の季節、そんなインクも、おすすめかも知れません。