読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

Nagasawaオリジナル・プロフィット

先日の東京旅行では、残念ながら、憧れの銀座・伊東屋で万年筆購入とはなりませんでしたが、やっぱり、ちゃんとした万年筆が欲しいなあ、という気持ちは強くて。

それで、神戸で、万年筆と言えば、ここ、という、ナガサワ文具センターに行ってきました。

親切で優しい店員さんに、いろいろと試し書きさせて頂いて、軸の長さとか、持ちやすさ、そして当然、書きやすさも、実際に確かめてみて。

そこで、いかにも「万年筆」らしい一本を買い求めてきました。

Nagasawaオリジナル・プロフィットです。

DSC08236 DSC08238

ちゃんと、セーラーの袋に入れて下さいました。 (Xmasの人形が置いてあるのは・・・ちょっと早めの、自分へのクリスマス・プレゼントというか)

綺麗な箱に入った万年筆というのは、初めてなので、こうして、いつまでも飾って、眺めていたくなりますね。

では、早速、取り出してみましょう。

DSC08243 DSC08244

とてもオーソドックスな黒軸です。

購入する前は、やはり、綺麗な色の軸に憧れたりもしましたが、シンプルな黒軸で、一本は持っておきたかったし、手に持っていても、とても落ち着く色なんです。 シンプル・イズ・ベストというか。

ペン先はFニブです。 国産万年筆は細いので、LAMYのEFニブと同じか少し太いくらいでしょうか。

すでに、ほぼ日手帳にも書き込んでいますが、私の筆圧なら、これで十分です。 (手帳に書きこんだ様子は、また、後日アップしますね)

私の古いコンパクトデジカメでは、はっきり撮れませんでしたが、ペン先には、神戸オリジナルらしく、風見鶏の刻印が。 おしゃれで気に入っています。

14金の書き味は、とても滑らか。 人生初の14金万年筆は、なんだか、クセになりそうです。

・・・

ところで、ナガサワ文具センターといえば、今のジュンク堂3Fに移転してくる前、別のビルにあったときから行っていた、馴染みの文房具屋さんです。 神戸で文具を買うなら、いつも、ここだったので。

数年ほど前まで、マンガ原稿用紙を買っていたときも、いつも、こちらのナガサワさんにお世話になっていたんです。 それが、万年筆にはまってみると、万年筆好きの方にとっては、全国的にも、かなり有名な文房具店ということで、びっくりでした。

万年筆好きなら、旅行で、神戸に来たら、だいたい、皆さん、ここに立ち寄ってらっしゃったりして。

そんな有名なお店だったんだー、と、ちょっと、神戸在住としては嬉しくなりました。

ナガサワさんで買い求めたのは、当然、万年筆だけではなかったので、また、それは、後日、記事にしますね。