Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

ミッドナイト・オーシャン~深い海の色に魅せられて

DSC08381

もともと、ステキな青い軸の万年筆が欲しいなあ・・・とは思っていたんです。

そして、先日、買ってきたばかりの『趣味の文具箱』Vol.15を、読んでいると・・・

あっ、こんなに綺麗な深い青の万年筆が!

その万年筆を楽天で探してみると、在庫のあるお店が3店くらいしか無く、ほとんど扱ってないみたい・・・。

でも、その翌日、訪れたPen and message.さんで、ガラスケースに収まった、その万年筆に出会うことが出来たのでした。

【過去記事】・Pen and message.に行ってきました

買い求めたのは、プラチナの#3776セルロイド軸「ミッドナイト・オーシャン」中字です。

DSC08385

セルロイド軸の万年筆は、いつか欲しいと思っていた憧れの一本でした。

しかし、その日は、漆軸を・・・と思って、来店していたので、他にも、いろいろ試筆させて頂きながら、どうしようかなあ、と迷いつつ。

でも、とても綺麗な青の軸と、ペン先の書きやすさに惹かれて、「やっぱり、これにします!」と、ミッドナイト・オーシャンを買い求めることにしたのでした。

私にとって、初めてのセルロイド軸万年筆です。

もともと、とても書き味の良いペン先だったのですが、「あ」とか「お」を書くと、カーブのところで、シャリシャリ引っかかるのが、少し気になり、店主のYさんに目の前で調整頂いて。

調整後は、とても、スムーズに書けるようになりました。

書いていくうちに、また書き味も変わりますから、とおっしゃって頂いて。 一年以内なら、いつでも無料で調整して頂けるというのも、とても心強いですね。

こちらの軸は、とても深い青というか、紺というか。 その中に、白い模様がちらほらと見え隠れしています。

それが、まるで、夜の海の波間に映る、月の光みたいにも見えて。

セルロイドの、手に持ったときに、すっと、馴染んでくれる、優しい感触も良いですね。 今では、とても貴重な素材ということで、大事にしたい一本となりました。

ところで、他の方のブログで、セルロイドの万年筆を買うときは、胴軸の繋ぎ目に注意・・・というのを、事前に拝見していて。

でも、買い求めたときには、すっかり、そのことが頭から抜け落ちていたのですが、家に戻って、そのことを思い出し、チェックしてみたら、繋ぎ目・・・? うーん、どこかな?

というくらい、全然、分からないんですけれども。 紺色の、濃い色目のせいでしょうか?

でも、プラチナの#3776セルロイド軸は、一枚のセルロイド板を、筒にすることで作られているため、胴軸には繋ぎ目が出来るもの・・・ということでしたが。

どこかに、見えないけど、繋ぎ目があるのかな? これだけ、削り出しということはないだろうし・・・と、ちょっと頭を捻ってしまいました。

でも、気にならないというか、全く分からないくらいなら、もう、それでOKですよね!

手に持って眺めていると、本当に、引きこまれそうな深い色をしています。

そして、この万年筆に合うインクを、ということで、同じくPen and message.さんで、インク見本を見せて頂いて。

そのお話は、また次回にでも・・・