読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

魔法珈琲へようこそ

Cafe トラベラーズノート

旅先で、居心地の良いカフェに出会うと、とても、ほっとします。まるで我が家に帰ってきたか、もしくは、お友達の家に招待してもらったような、そんな感じ。

沖縄で訪れた魔法珈琲さんも、そんな隠れ家カフェでした。

20150701_03

ここは、大きな通りから少し奥まった場所にある平屋の一軒屋。

にょきにょきと生えた100個のサボテンの鉢に囲まれた庭から、ノブを回して黄色いドアを入ると…

そこは、カフェ好きのわたしでさえ、今までに訪れたことがないような、カラフルでキッチュな空間でした。(外は大雨だったため、外観を撮影できなかったのが残念)

居心地良い住宅カフェ

沖縄には外人住宅もあり、全体にアメリカンな家が多い印象ですが、こちらのカフェも、外国を旅している最中、地元のかたの家にひょっこりお邪魔したような、そんな雰囲気の家で。

カフェだけど、作りは平屋の住宅で、外は沖縄のふつうの市街地なのに、家の中は、まるでどこかの外国にふらりと迷い込んでしまった気分。

20150701_04

中南米風の内装と、ミッドセンチュリー風の家具。

やや薄暗い照明加減の中、耳に心地よいジャズがBGMに流れていて。外の雨音とあいまって、ゆったりと時間が過ぎていく感じです。

早めのランチを頂くつもりが、エッグサンドイッチもコーヒーも美味しくて、さらに食後には、ケーキと一緒に2杯目のカフェラテも頂くことになりました。

20150711_02m

食器もどれも手作り感あふれる手触りと色使いで、とても可愛いかったんですよ。

メニューには美味しそうなケーキばかり並んでいて、一つに絞りきれずに、結局、友達と二人、別々のケーキを一個ずつお願いしてシェアするつもりでいると、ちゃんと二つに切って取り分けてきてくださいました。これ、自分たちでフォークで切ろうとすると、大変なことになるんですよね。

こちらは若い御夫婦がやってらっしゃるカフェで、他に行く場所もあったのに、友達と二人して、すっかり気に入ってしまい、 ついつい長居してしまいました。

オーナー御夫婦のふんわりとしたお人柄にも魅了され、居心地があまりにも良かったからですね。

カフェなのにフシギな装置が

帰る前に、カウンター近くにあるこれに気づいて、一体なんだろう?と。

20150701_02

伺ってみたところ、 水出しコーヒーの装置とのことでした。

まるで、何かの化学の実験でもしているかのような、大きなフラスコみたい。

何日か寝かせたコーヒーを、さらに、これで一滴一滴ゆっくり抽出していくのだとか。

右横にちょっとだけ写ってる緑の袋がコーノ式のペーパーフィルターの袋ですから、どれだけ大きな装置か想像して頂けるのではないかと。全体で1メートル近くはあったんじゃないかな?

店内の装飾だけでなく、初めて目にするフシギなものをいろいろ見せていただきました。

ちなみに、トイレには大きなドラム缶のようなバーベキューグリルがあって、蓋を開けると、中にはトイレットペーパーのロールがいっぱい。これも、ご夫婦のアイデアなんでしょうね。

トラベラーズノートに書いてみました

20150711_01m

旅行から帰宅後、魔法珈琲さんのことを、訪れた雑貨ショップのことも一緒に、トラベラーズノートに書き留めておきました。

カフェカードも、お店で買って帰ったポストカードも、どこかミッドセンチュリー風の色使いで、とってもすてき。カフェラテが入っていたカップも、取っ手部分がチョコビスケットみたいな手触りと形で、とってもユニークだったんですよ。

帰宅してから気づいたのですが、こちらで頂いた魔法ブレンドは、群馬のtonbi coffeeさんで焙煎された豆とのこと。私も地元の雑貨店でtonbi coffeeさんの豆を購入したことがあります。

そして、エスプレッソ用の豆はpotohotoさんの豆を使用されているとか。

potohotoさんといえば、実は、この前日に行く予定を立てていたはずが、19時の閉店までに間に合わなくて、残念ながら行けなかった、市場の中のコーヒースタンドです。

(↑当日の悲しみのツイート@那覇市内のスタバ…)

迷路のような市場の中にあるそうなので、沖縄の市場をうろうろ、美味しい一杯を求めてさ迷いながらも、伺うのを楽しみにしていたのですが。

意外と、その前に行ったやちむん通りで、うつわの買い物に時間がかかってしまったことや、モノレールの駅になかなかたどり着けなかったことなどが敗因かと。それが心残りだったのですが、実は魔法珈琲さんで味わっていたわけですね。そんなつながりも嬉しかったのでした。

MAHOU COFFEE 魔法珈琲

私が伺ったのは、宜野湾市内のお店でしたが、今年9月には那覇市壺屋に移転されるとのこと。浮島通りということなので、壺屋やちむん通りなどを観光で訪れた際、てくてくと歩いていける距離になりますね。

きっと、新店舗もまた、オーナー御夫婦のセンス溢れるすてきなお店になるんじゃないでしょうか。楽しみです。

観光客でも国際通りから歩いて行きやすい場所ですし、私も次に沖縄を訪れた際には、ぜひ、うかがってみたいと思っています。