Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

2本目ペンシースはグレイで、きまり。

20101103_01

ペンシースと言えば、黒の一本差しが大半で、女性が手にしても、おしゃれな形や色のペンシースって、なかなか無いかと思うのですが。 そんな中、すっかりお気に入りになっているカンダミサコさんのペンシースの2本目をPen and message.さんで、買い求めてきました。

本当に、いろんな色で展開されていて、新色も追加されてたので、出かける前に、サイトで、どの色が良いかなあ、とチェックしてみたり。 そんななか、今回は、ライトグレイを選んでみました。

dsc09057

昨年、買い求めた、エッグシェル色と一緒に。エッグシェルのほうには、ずっと、ビスコンティのヴァンゴッホ・バニラを入れて愛用してます。

【過去記事】・エッグシェル色のペンシース

dsc09062

今回のライトグレイには、こちらの、モンブラン#22を入れようと思っていまして。 このヴィンテージ万年筆、実は、手元に来てから、今までずっと、ユーロボックスさんから送られてきたときのビニールに入れたままだったという(^^;

【過去記事】・初めてのヴィンテージ万年筆

いえ、ちゃんと使っているんですよ? でも、本体に傷がつくのがイヤだったので、使うときはビニールから出して、使い終わったら、またビニール袋に戻して、みたいな。そのビニールもついに破れちゃいましてですね・・・。 これは、そろそろペンシースに入れる頃合なのかもしれないと(笑) (ちなみに、エッグシェル同様、こちらのペンシースも、そのまますっぽり、ル・ボナーさんのデブ・ペンケースに収納してます)

万年筆の軸色に似た、深い赤の革が使われたものもあったんですが、こういう色の組み合わせって、何だか、好きなんですよね(^^)

dsc09063

柔らかい一枚革をくるんと巻いて作られたペンシース。 端を縫いとめているステッチの糸が、近くで見ると、メタリック・グリーンだったりして、こんな細かいところまで、女性らしい、おしゃれな気遣いが見え隠れしていますよね。