読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

いつかはデルタ。

インク 万年筆

20170107154820

「いつかは中屋」のように、いつかは手元に欲しいなあと思っていた万年筆がありました。それがデルタです。

代表的なところでは、オレンジ色のレジン軸が鮮やかなドルチェビータシリーズですが、あのデルタ独特の、太めで短めの万年筆がとても可愛く思えて、密かに憧れていたんです。買うならオールドナポリの白軸かな~、といろいろなサイトを眺めながら思いつつ。

しかし、デルタとなると、お値段的に中屋と同じか、それ以上の価格だったので、なかなか手が出なくて。それが、ある日、突然、デルタの万年筆を購入する機会がやってきたのでした。

昨年11月の、ナガサワ文具センターさんで開催されたペンクリニックで、手持ちの万年筆を調整頂いたあと、何か新しい文具ないかなあと、ウロウロしていたのですが、ふと、通路に面した大きなガラスケースに目を留めると・・・

そこでは、デルタのオールドナポリ(ブラウン)が、なんと半額で販売されていたんです。

そのときは、ノートとか便箋とか、紙モノを探していただけで、万年筆を買うつもりは全然、なかったんですよ? しかし、そのお値段を見てしまうと、もう!

ネット通販で買うよりも、さらにお安いんですもの~。お店の方に試筆させて頂けるか伺うと、いいですよ、とのこと。在庫は残り三本しかないんです、ということで、ケースにある一本と、別の一本を試筆させて頂きました。

ううーん、万年筆を買うつもりはなかったはずなのに、すごく書きやすいんですけど~。これで、書きにくかったら、諦めもつくはずだったのになぁ。(勝手な言い分・・・)

どうして、これほどお安くなっているのか伺うと、オールドナポリが今度、廃盤になるので(そのことも知りませんでした!)メーカーの了承を得て、お値段を下げさせて頂いたんです、とのこと。

しかも、18金でこれだけ大きなペン先となると、このお値段では、もう作れないでしょうね、というお話まで伺ってしまい・・・。(確かに、手持ちの万年筆と比べても、ペン先が一回り以上大きいです)

突然訪れた、憧れのデルタを手に入れる機会。当初、考えていた色とは違ったけれど、でも、ブラウン軸の琥珀のような色合いも、とても綺麗で。

それで、迷った末、一番書きやすかった一本を購入することにしたのでした。お店に入るまでは、万年筆を買う予定は全くなかったはずなのですが。

でも、これもステキな巡り合わせというか、きっと、出会うべくして出会ったのよ、と心の中で一人納得して、思いがけず、憧れのデルタを連れ帰ってきたのでした。

デルタ・オールドナポリ

文庫サイズのほぼ日手帳の中に全てがおさまってしまう大きさです。

ころんとしたフォームが、なんとも可愛いですよね~。眺めているだけで、顔がほころんできそうなカンジで。こういう形の万年筆って持っていなかったので、とても新鮮でした。

今までは、どうも太めの軸を苦手に感じていて、手持ちのものは細身の軸ばかりだったのですが、そんな中、このオールドナポリは、一番太い軸の部類に入ります。

慣れない太さだけれど、この万年筆で字を書いていると、ゆったりとした気分になるというか、こう、葉巻をふかしながら、ブランデーグラスを傾けて字を書いているみたいな優雅な気分に・・・。もちろん、あくまで、私なりの勝手なイメージなのですが。

インクは、いろいろ試行錯誤した末、モンブランのロイヤルブルーを。

字幅はMなので、これもまた、FかEFが多い手持ちの万年筆の中でも、一番太い字を書ける一本となります。18金らしい、柔らかなペン先で、ゆったりと優雅な時間を演出してくれる、そんな万年筆になりそうです。