読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

コーヒーまわりの道具たち・2

20170103214738

前回に引き続き、わたしが自宅でコーヒーを淹れるときに使っている道具をご紹介します。

上の写真には、筆が写っていますが、別に、これで絵を描くわけじゃないですよ。

この筆の使用目的は、あとで説明しますね。(でも、この筆、使い勝手の良さそうなものがなかなか無くて、ハンズやLOFTの画材コーナーなどを探し回ってやっと見つけたものなのです。でも、これで絵は描きませんから~)

20170103215337

コーヒーの香りと味を楽しむには、やはり、コーヒー豆を挽くところから、ということで。そのために買ったのが、カリタのナイスカットミルです。(これまで、うちには、コーヒーメーカーも無かったので・・・)

ちょっと大きくて、金属製なので、ちょっとだけ重いけれど、これが来てくれて、本当に助かったのでした。というのも、ナイスカットミルを買う前、小さな携帯用の手回しハンドルのミルを買って、数回使ったのですが・・・

キャンプ先などで豆から挽いてコーヒーを淹れるにはとても重宝しそうだけれど、自宅で、ひとりゴリゴリするには時間もかかるし、手も疲れるし、私にはもう無理~、となったのです。(たぶん、男性の力なら楽々なのかも。私は、5年ほど前に関節の炎症を患ってから、握力が弱くなって指に力が入りにくいので、ハンドルタイプだと、回すだけで手がガチガチにこわばってしまうのです)

それで、少々、お高くても、簡単に豆が挽けるナイスカットミルを買いなおしたのですが、一瞬で(ほんと十秒ほどで)豆が挽けるし、力もいらず、見ているだけでOK。

ハンドル回しの力仕事からも解放されて、電動ミルってすごい!となったのでした。リラックスするために、コーヒーを淹れるのに、その前に、疲れきってしまっては、元も子もないですもんね~。

それで、一番上の写真に写っていた筆の話ですが。電動のコーヒーミルだと、静電気が起こって、どうしても、口のところにコーヒーの粉がくっついてしまうので、それをお掃除するための筆だったのでした。

本来は、エスプレッソ用の筆とか書いてあったような気もしますが・・・まあ、ほかのキッチン用具と一緒に並べておいても、かわいい形なので、気に入ってます。

20170103214739

こちらはコーヒー豆を買ってきたら、入れておくキャニスター缶です。

右はTRAVELLER'S FACTORYさんのトラベラーズブレンドでお馴染みの、アアルトコーヒーさんの缶。

左は、AIDA神戸で買った、お茶葉用の缶。淡い水色の色味と、とぼけたクマさんの絵がお気に入りです。

そういえば、先日、トラベラーズファクトリーでも、新しくコーヒー豆保存用の缶が出ましたよね。

水色の缶とか、飛行機の絵とか、ストライク過ぎて、欲しくなっちゃうじゃないですかー。しかし、3つも缶があっても、そんなにたくさん豆を入れておいたら、新鮮なうちに使わないといけないコーヒー豆が古くなっちゃう・・・。

まあ、別にコーヒー豆じゃなくても、紅茶の茶葉を入れてもいいわけだし、じゃあ、3つ目を買ってもいいかな・・・? なんて考えたりしながら、早く、トラベラーズファクトリーにも行ってみたいなあ、と関西の地から、憧れを募らせています。

自宅での、ちょっとしたコーヒータイム。こだわりの道具を使ってコーヒーを淹れるとまた一層、美味しいコーヒーを味わえる気がします。