Hot Cocoa mix**

旅と文具とカフェめぐり

万年筆

万年筆で文字を書くこと

「趣味の文具箱 vol.41」で始まった、小日向京さんの新連載「筆欲を満たす試み」。 記事を拝見したとき感じたのは、文字に対する切り口が斬新だなあ、ということでした。

東京限定・色彩雫の深川鼠で江戸の粋を味わう

東京限定・色彩雫「江戸の粋」シリーズ、深川鼠を買いました。

カヴェコのミニコンバーター2を買いました

以前から、カヴェコの万年筆で使っているコンバーターが、ちょっと使いにくいなあ、と思っていたんです。そんな矢先、新しいコンバーターが出たと知り、早速、買ってきました。

NAGASAWA PenStyle キップ ロールペンケース5本差しを使っています

大事な万年筆を入れるためのペンケースは、必需品ですよね。とはいえ、一般的な筆箱のように、筆記具同士が、中でぶつかるようなものだと、せっかくの万年筆の軸に傷がついてしまうかも知れません。そんなときのために…

LAMYサファリ2016年限定色ライラックを買いました

一応、自分としては、万年筆愛好家だと思っていますが、万年筆を新しく買うのは、実に2年半ぶりくらいだったでしょうか。 このLAMYサファリ2016年限定色ライラックは、ネットで写真を見て、まさに一目惚れの軸でした。

春のインク事情とニーモシネ

このところ、まったく新しいインクを買っていない状況です(^^; とはいえ、今まで買いこんできたインクがいっぱいあるので、それらをまずは使ってあげなくては、と。モンブランのブルーブラックとか、レーシンググリーンとか…

その後のiPad miniとノートと万年筆

大変、ご無沙汰しています。約3ケ月ぶりの更新になってしまいました。

万年筆日和・2~万年筆の選び方

万年筆初心者の方に贈る、万年筆日和シリーズ。第二回目は、初めての万年筆選びについてです。万年筆を使ってみたいけど、たくさん種類があって、どれを買えばいいか分からない。そんなことってありませんか?

万年筆日和・1~インクの入れ替え

以前から、万年筆初心者さん向けに、何か記事を書けたらと思っていました。とはいえ、私自身も、万年筆を本格的に使い始めて、まだ5、6年ほどですし、未だに正しい使い方をしているのか・・・

2年目の中屋万年筆

一昨年の冬に、清水の舞台から飛び降りるような心持ちで買い求めた、中屋万年筆。ただいま、2年目に突入しています。

万年筆を修理に出しました

昨年年末のペンクリニックで診て頂いた万年筆のうち、一本をメーカー修理に出したほうがいい、と言われて、修理に出すことになりました。

kakunoさんと楽しむ手帖ライフ

昨年来、愛用しているパイロットの万年筆、kakuno(カクノ)。私は親しみを込めて「kakunoさん」と呼んでいます。そんなkakunoさんが、発売以来、販売本数50万本を突破したと・・・

神戸インク物語ゴッホ・コバルトを買いました

先日、手帳総選挙in神戸の帰りに、三宮で途中下車して、La lettre de Kobeで開催されていた、神戸インク物語50色発売記念・試し書きフェアに行ってきました。

それからの紳士なノート

このところの書き写しノートは、もっぱら、「紳士なノート」こと、アピカのPremium C.D.Notebookを愛用しています。昨年末に、このノートを使い始めたとき・・・

ほぼ日手帳ページのつくりかた

こちらのブログに、「ほぼ日手帳」のカテゴリは作っていないのですが、見に来てくださる方の多くが「ほぼ日手帳」ユーザーだったり、「ほぼ日手帳」が気になってる方や、どんな風に使うか迷っている方も多いのではないかしら、と・・・

シャルトル・ブルー ~大聖堂の名を持つ万年筆

シャルトルは、パリから電車で一時間ほどの場所にある、のどかな町です。シャルトルの町のシンボルとも言うべき、シャルトル大聖堂は、12~13世紀頃に建てられたゴシック建築の教会で、世界遺産にも・・・

ほぼ日手帳とkakunoさん

4月になって、4月始まりのスケジュール帳やダイアリーを使い始められた方も多いのでしょうか。今年の私は、1月始まりのほぼ日手帳を日記として使っています。ほぼ日手帳歴は今年で5年目。ほぼ日手帳に書き込む筆記具は・・・

Kaweco AL Sportを買いました

以前から気になりつつも、まだ持っていない万年筆に、カヴェコがありました。カヴェコは1883年創業のドイツの老舗筆記具メーカー。会社は1970年代に幕を閉じましたが、今は別の会社が復刻版を出していて、それが広く・・・

2本目は、みずいろカクノさん。

昨年、ポップな色使いのキャップが可愛い万年筆、kakuno(カクノ)が発売されて話題になりましたが、この春、新たに、新色が仲間入りすることになりました。今回のカクノは、軸がホワイトで、キャップはピンクやブルーなど、いかにも春らしい・・・

トラベラーズノートのお手入れとScrapbooking

トラベラーズノートは、おでかけ帖として、日帰り旅行やカフェめぐりの記録用に使っていますが、時には、もらってきたショップのパンフレットなどで、気に入ったものがあればそれを切り取って貼っておく、スクラップブックとしても使っています。

2月はチョコレート色の誘惑

2月に入ると、インク壜を収納している引き出しから、いそいそと取り出してくるインクがあります。2月のイベントといえば、節分もそうですが、何よりも、女子にとってはバレンタインデーですよね!

瑠璃・海色ふたたび

久々に、Bungboxさんのオリジナルインク、Omaezaki瑠璃・海色を使っています。インク壜のラベルに描かれた波打つ水面のように、波間に煌く海の青さを思い起こさせる、深いブルーのインクです。

Premium C.D. NOTEBOOK

以前から、噂には聞いていた、アピカのPremium C.D. NOTEBOOK、いわゆる「紳士なノート」を使い始めました。

中屋万年筆を買いました・2

前回に引き続き、我が家にやってきた、今年一番の「大物」新人さん、中屋万年筆を御紹介します。実は、初めて中屋万年筆を握ったのは、4年前・・・

中屋万年筆を買いました・1

万年筆愛好家の中では、合言葉のようにもなっている「いつかは、中屋」。私も、万年筆の魅力に取り付かれ始めた頃から、いつかは、中屋万年筆が欲しいなあ、と・・・

モンブラン~古典ブルーブラックインクを愛す

現在、モンブラン・ボルドー#145に入れて、使用しているのは、モンブランのブルーブラックインクです。4年ほど前に、ボトルを購入して、まだ使っているんですが、この長靴型のボトルは旧タイプで、その後、2011年に・・・

神戸版・満寿屋ミニ原稿用紙

ナガサワ文具センターの店頭で見かけた、レンガの壁と蔦が表紙に描かれた、メモ帳。でも、中を見てみると、メモ帳ではなく、原稿用紙でした。

kakunoさんがやってきた

先日、我が家にもカクノさんがやってきました。とはいえ、角野さんでもなく。kakunoさんとは、先月、パイロットから発売になったばかりの・・・

トラベラーズノートのある風景・11

トラベラーズノートのリフィルの中表紙に、皆さん、何か書かれていますか?

来年はHobonichi Plannerで・2

本家・ほぼ日手帳とは違って、英語版のHobonichi Plannerは、中身が英語ばかりとなるわけですが、むしろ、使い勝手が大きく違うと感じるのは、言語の違いというよりも、ページの仕様のほうかも知れません。